読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツが好きすぎて、どう生きていけばいいか分からないblog

ダーツに取り憑かれ、四六時中ダーツで頭が埋まり、人生破綻した人間のblog

「脱力」 や「リリース」という意識

あやふやな表現しか出来ないけど、「脱力」や「リリース」の意識が特別役立つようには思えない。むしろ完全脱力すると力むような気が・・・。

必要最低限の力(動作?)を使う以上は、完全脱力なるものは、無理だろうし、悪い意味で抜けすぎてると、強制的に力ませられると思う。

力みには、フォームにそれなりの異変があるはず。当然、緊張やメンタルが求められる場面では、それなりの影響を受けてるだろうけど、ある程度の慣れもあれば、そもそも影響を受けやすい型で普段投げてる可能性が高いのではと。

リリースも、可能ならテイクバックエンドから始めたい、早いリリースを目指したいところだが、そもそも放そうと思って放せるものでもない

身体がダーツを投げる準備が出来てないと判断すれば、必ずリリースは遅れて、力みが生じて結果的に飛ばない。どう意識しても放させてもらえないはず。実際、ただ放すだけでは、その場にポトッとダーツが落ちるだけで、インパクト(リリースに必要な適切な力)を身体から引き出さなければならないと思う。

ダーツに適切に力を伝えることが出来れば、脱力やリリースの問題は自然に解消されるはず、その上で、早めのリリースは意識したいポイントだ。