読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツが好きすぎて、どう生きていけばいいか分からないblog

ダーツに取り憑かれ、四六時中ダーツで頭が埋まり、人生破綻した人間のblog

脱力する意識をするよりもダーツの重みを感じよう

月並みなことだけど「ダーツの重さを感じ取る」ことに尽きると思う。単純に脱力を意識するだけでは、難しいというか、ダーツを飛ばすのに最低限必要な力の基準が掴めないので、強制的に力ませられるかダーツがすっぽ抜けるかと、脱力と反対方向への結果になりやすい。重さを感じ取りながら投げる意識が丁度良い脱力を生むのではないかと思う。

では、どうやって重さを感じ取るのか。取り敢えず、手のひら(指先のほうがいいかも)の上にダーツを3本→2本→1本と減らしつつ乗せてみる。この段階ではしっかり感じ取ることが出来ると思う。問題は実際にグリップを作り構えた時に、手のひらで感じた重みを感じ取れるか。全く分からないのであれば、軽く腕を前後に振ってみると分かるかもしれない。それでも駄目なら、グリップの形、バレルへの指の圧力、手首の力の入り具合を見直し、勇気を出して少々変更をすべきかと。

スローに入ったら、構えた際の「ダーツの重み」を感じ続けながらテイクバックエンドまで維持する。個人的には、腕の振り始め、というかず~っと、フォロー時にも重かったような感触を求めると良いかなと思う。

ダーツの重みでテイクバックをして(させられ?)、その重みだけで投げるつもりでスロー。

慣れない間はぎこちないし、なにより神経を使うので全体のスピードが遅くて気持ち悪いと思う。でも、それが正解だと思う。そもそも、早い動きだとダーツの重さを感じ取りにくいのだ。(勿論鍛錬、慣れ、センスでリズムは早く出来るだろう。自分もかなり早いタイプ。)道具に対して適切な力を与えるには、重さを感じ取らなければ始まらない。ダーツを無視して投げるのは身体が許してくれない(力み的な意味で)。主役はダーツそのものなのだ。

思い切ってダーツそのものだけを頼りに飛ばしてみよう。上手くいくと「ダーツを引っ張る」ような感触がするようなしないような。お試しあれ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村