読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツが好きすぎて、どう生きていけばいいか分からないblog

ダーツに取り憑かれ、四六時中ダーツで頭が埋まり、人生破綻した人間のblog

時間の掛かる投げ方を批判する人って

時間の掛かる投げ方を批判する人って,単純にダーツのこと分かってないだけだと思う。(大会進行とかは無視して)

テンポよく短い時間で投げれる人が特殊なだけだとは思わないんですかね。他人の貴重な時間を~とマナーやモラルを引き合いに出す人いるけど,ポンポン投げてもはいってない人に対して,適当に投げてると捉えて失礼だよと言っていいんですかね。おんなじようなもんじゃないの。いちゃもんですよ。

身体の投げる準備ってのは目に見えないわけで,人によって準備完了するまでの時間が違うわけ。それを一生懸命感じ取って投げてるのが所謂遅いプレーヤー。そもそも,身体の投げれる準備の概念すら気づいてない人がこの手の文句を垂れる。

相手プレーヤーとしても,ルール上の範囲内なら文句いう資格ないし,ペースに釣られて乱れる側が自分の技術に対して未熟なだけ。所詮相手がポンポン投げてくれなきゃ自分はリズムが掴めないって言ってるようなもん。こんな簡単なことに引っかかるなら作戦としては滅茶苦茶有効だし,別にいいんじゃないのかって感じ。ボタン押すタイミングとか,ダーツ抜いてから戻る歩数調整して使ってる人なんてアマからプロまで腐るほど居るし…。(憶測だけどJAPANの藍園秀樹プロは戦略としてのあのペースな気がする…)

ここまで言ってなんだけど,これに文句いう人って外野なんだよね。ほっとけばいいのに。本気で勝ちにくるプレーヤーなら,遅い人のスロー時間計って勝手に違反申告を審判に申し入れるよ。相手は遅かろうが,それでもその場は戦いたいって人もいるし。

自画自賛するけど,自分は自身の世界に浸るのが上手いし,すぐ入れるから別に相手が遅くても,その間ヒーロー的なスローを妄想しまくりだからなんとも思わないんだよねぇ。

ダーツやるならナルシストにならないと。

待ってる間の自分にも自惚れないと。

俺は,ナルシストで純粋なタイプはダーツが強いと思ってるよ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村 
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ