読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツが好きすぎて、どう生きていけばいいか分からないblog

ダーツに取り憑かれ、四六時中ダーツで頭が埋まり、人生破綻した人間のblog

自分のフォームが分からなくなる

自分のフォームが急に分からなくなる経験は、大半のダーツプレーヤーが体験済みだろう。同じ形にしてるはずなのに、しっくりこなく、何が何だ分からなくなり、迷宮に迷い込む。

最低限の対策として、自分のフォームを緻密に分析し、スローラインへの入り方やダーツを抜きに行き戻る間の振る舞い、相手が投げている間の待ち方などもデータに入れておくべきと思う。しかし、所詮目に見える範囲のものなので限界がある。それらを再現しようにも、内部(筋肉や疲労等)の状態を100%把握しきるのは不可能であり、自分のデータ上の形を再現しても、当然、思うような普段の感触を得ることは出来ない。良くも悪くも時間の経過と共に内部の状態は常に変化している。

なので、諦めようその日、そのスロー時の身体の状態にあう、グリップや腕の出し方を探して乗り切ろう。これまでのフォームを放棄するわけではなく、臨機応変にその場を凌いでみようサブフォーのような認識で良いと思う。どの程度調整するかは人によるけど、見かけ上は微妙な変化、でも感触は違う形として、引き出しを沢山作り、身体の変化についていくようにする意識が良いと思う。

ダーツを適切に飛ばせる大凡の型が決まっていれば、実際、無意識に皆が行っているとは思う。3投同じ動きを目指すより、3投身体に合わせた動きでダーツをしっかり飛ばすことを目指したほうがいい。1本目、2本目、3本目で内部の状態が同じとは限らないのだから。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村