読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツが好きすぎて、どう生きていけばいいか分からないblog

ダーツに取り憑かれ、四六時中ダーツで頭が埋まり、人生破綻した人間のblog

ダーツは自分だけで楽しめる最高の競技

スマホからなのでなぐり書きです。

ダーツという競技にまで世間や社会の空気を持出す人達に憤りを感じます。
まぁ、静けさの中で突拍子もない音を立てればプレイを削ぐ可能性はあるでしょう。
ですけど、応援の範疇であれば選手は文句を言えないでしょう。仮にその行為によって、(自分は集中という概念が理解出来ないので一般的な意味としての)集中が途切れてしまったとしても、複雑な想いはあれども非難はしないはずです。自分が甘かったなと自己批判して終わりでしょう。
あの応援を批判してる人達は、選手達を甘く見過ぎじゃないですか?
そもそも、会場全体で騒いでしまえばなんてことはなかったのに。(まぁ、これも場の空気を読むことを強いるので強くは推せませんが)賭け事にできない以上馬鹿騒ぎは無理かな。笑 心の底から騒ぐには金が掛かってないとね笑

まぁ、好きに自由にやりたい放題やればいいんですよ。黙って観ていたきゃそれでいいし、騒ぎたければ騒げばいいし。観客の在り方とかどうでもいい。
静けさの中で硝子が割れたり、赤ん坊のような耳についてしまう音で気が削がれたならスローラインから外れればいいでしょ。バーニーは、そうしてましたよね。でも、赤ん坊連れてくんなよと親御さんを非難はしないと思いますね。

プレーヤー達には賞金が掛かっているという主張であれば、完全に規制を掛けるとか何かしらの対策はあるでしょう。黒服に注意を受けた方がいたようですが、どちらかというと運営側(PDC側というのか?)ミスのようにしか思えないですね。

自由でいいじゃないですか。自分は、社会や世間という言葉が嫌いで仕方ないタイプなので、今回の観客を非難する流れはとてつもなく気持ち悪いなと思います。自分が子どもで社会耐性が足りないのも分かってますけど、理解したくないです。

ダーツは、チームプレイを強いられず(自分はリーグやダブルスが好きではありません。チームに所属せず助っ人として気分次第で出たりしてます)自分の世界だけで楽しめる最高の競技なのになぁ。空気なんて無視ですよ無視。