読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツが好きすぎて、どう生きていけばいいか分からないblog

ダーツに取り憑かれ、四六時中ダーツで頭が埋まり、人生破綻した人間のblog

強制的に早めのリリースを作る方法

 あくまで一時しのぎと思って欲しいけど,長く続ければ自分の中に落としこむことは出来ると思う。当然,この練習の中でインパクトのタイミングも早めにならないとしっかりと力が乗らないので,要注意。あと,グリップ的に不可能な場合があるのでこれも注意。ダーツは,9割以上グリップに支配されてるので,どう頑張ってもリリースが遅れやすい,伸筋を全開で使ってしまう構造のグリップなどは変更するしかない。ちなみに,深ければ(押し付ける☓ 包み込むような握りこみ◯),リリースは早くなりやすいと思う。

 では,どんな練習かというと,とても簡単。

 いつも通りにBULLに向かって構えて,そのままD20に投げる。

(目線はそのままBULLでいてほしいけど,D20を見てもいいかなぁ。)

当然,腕の振りや押しこむような力で飛ばすのはNG。(屈筋を利用した力はもちろんOK。そもそもそれが出来る時点でこの練習必要ないだろうけど。)

オーバーだけど,T3に向かって構えて,D20でも良いかな。

 ダーツが垂れようが,明後日の方向に飛ぼうが気にしない。慣れてない間はインパクトもズレてるわけで,最初のうちは気にしない。30分も続けていれば,ダーツが勝手に飛んでいくってのは,一体全体どういう感触なのかがなんとなくわかると思う。

D20の上にアウトボードする気で投げ続けて欲しい。

しばらーく続けたのち,BULLに向かって投げたら,あら不思議。軽いスローなのに鋭く飛んで行く。トッププロ達は常にその感覚で投げ続けていると個人的に思っている。

 暇があればお試しあれ。忘れないで欲しいのは,腕の振りや押しこむような力で飛ばすのはNG!

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村 
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ