読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダーツが好きすぎて、どう生きていけばいいか分からないblog

ダーツに取り憑かれ、四六時中ダーツで頭が埋まり、人生破綻した人間のblog

2016 9/23・24のダーツ

 23日は8時間,24日は6時間投げた。投げ過ぎは良くないと聞くが,自分は全くそう思わない。投げすぎることでフォームが崩れるとかそういうのはそもそも何も考えてないで投げ続けているだけで,何かしらの意識を持ちながら練習をしているなら関係ないからだ。というか,短時間でも崩れる時は崩れるし,短時間を1ヶ月に渡り繰り返してれば長時間投げ続けているのと同じことだ。 見えない,感じない疲労が悪影響していることで崩れに繋がることはあり得るけど,そんなもん気にしてても仕方ない。だって,投げるだけで楽しいんだもん。一日中投げていたいさ。

 余談は置いといて,まー上手くいかない。ほとんど対人戦で時間を潰し,両日ともにRt.19の半ば,01-32,cri-3.8前後で苦しい数字だった。クリケも酷いが,それ以上にBULLがどうにも合わない。微妙なズレ過ぎて原因を分析するのが億劫でしていない。ダーツに力は伝わっている。ただし,100%かというと否,かなり良い伝わり方をしていると思うのだが,もうひと押し足りていない。

 このblogでは,自己中感覚トンデモでたらめ無益理論を数多く展開しているが,(以前やったことあっても)書く度に自分でも試している。さて,前回記した親指と人差指がバレルに接した面を全力で感じることで,やはりダーツに力が綺麗に伝わるようになった。しかし,一つ問題があり,慣れていないだけか,悪い意味で指に力を入れてしまうらしく,対人戦をしていると"稀に"だがイップスの時に感じていた腕が出ない時の感覚を察知してしまった。実際は停止せずに投げれていたが,ギリギリのラインだったように思える。怖かった。ただ,この感覚,もしかしたらイップスの感覚じゃなくて,タメを感じただけという感覚の思い違いの可能性もある。この辺は次回に持ち越し。どちらにせよ,どのスローもセットアップ時にはバレルを感じていたものの,テイクバックが始まってからはあまり感じ取れていなかった。マッチというのもあって,ターゲットにシュートしたい欲が強く,その意識を忘れていた。次はしっかりしよう。

 悔しいなぁ。間違いなく今の(未だに)自分は下手だ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村 
ビリヤード・ダーツ ブログランキングへ